スポンサーサイト

2015.04.16 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    オークションにてUS仕様のDGS300センシコアを購入しました

    2014.12.26 Friday

    0
      こちらの評価を見て、オークションにてUS仕様のDGS300センシコアを購入しました。今までは初代レガシーのM10DBを使用していましたが、いざというときに左に引っ掛かる事があり、重心距離も長い事よりこの商品を選びました。結果として直進性、飛距離、打感ともかなり高い次元で満足出来ます。ドラバーもPING等重心距離が長いものを使用しているのでマッチングとしても良いと思います。最近は、テーラーメイドのアウトレットにて販売され出しましたので、是非皆様も検討されては如何でしょうか?

      何故にこのアイアンは人気がでなかったのか不思議になるアイアンです。全てのスペックで異常なほど尖がっているのですが、それがはまると病みつきになります。非常に大きな慣性モーメント、長い重心距離、ストロングロフト、番手別設計など現時点でこのアイアンを追い抜くスペックは無いと思うし作れないと思います。どうしてテーラーはこのアイアンを作ったのか製作意図が不明です、というか偶然の産物なのかも?

      以前に比べ、だいぶ慣れてきたのか、それほど苦手意識は感じなくなりました。この部分はすっきりとした『ストレートネック』を好むのですが、こういった形状の物も昔からありますし、いかにも海外メーカーらしいアイアンだと思いました。『ストレートネック』には苦手意識を感じ、『グースネック』を好む方にとっては、すごく構えやすく感じられるのではないでしょうか?私はグースがきついアイアンだと、『トップ』したり、引っ掛けたりするミスが出てしまうことがあるので、なるべくそうならないよう、充分素振りを繰り返しました。

      外見上は、前のモデルと殆ど変わらない感じがしましたが、実際の性能は色々と相違点を見つけることが出来ました。『構えやすさ』や『自然な距離感・あがりやすさ』などの点から見て、私は前のモデルのほうがいい印象を持ちましたが、この『2.0』のほうがいい(ゴルフ用品激安市場)。と感じられる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?同じテーラーメイドのアイアンでも、『R9』シリーズは、どちらかというと『日本的な顔』をしているような感じもするのですが、この『バーナーシリーズ』は、やや違った感じがします。

       

      スポンサーサイト

      2015.04.16 Thursday

      0
        コメント
        コメントする