スポンサーサイト

2015.04.16 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ゴルフラインを読む

    2015.04.05 Sunday

    0


      パッティングでのラインの読み方です。

      1)まず、フェアウェイからグリーンに向かう途中でグリーン全体の傾斜を見ておきます。遠くから見た方が傾斜がわかりやすいからです。

      2)グリーン上で細かい傾斜やアンジュレーション(うねり)を確認します。ボールの後ろに立ったり、しゃがんだりすると良いです。

      3)芝目を読みます。自分から見て黒く見えれば逆目、白っぽく見えれば順目です。芝の生えている方向に向けて曲がりやすいと考えます。

      例えば左から右へ順目になっていれば、ボールが右に曲がりやすいです。向こうから手前に向けて生えていれば(逆目)、ボールが転がりにくいです。

      4)傾斜と芝目を合わせて、ターゲット(SLDRアイアン9本セット)を決めます。ターゲットのとり方は、カップから右へカップ2個分とか、左へカップ1/2分というようにカップを基準にターゲットを決めて、そこへ距離をあわせて打っていきます。

      なお、私は例えばカップ右1個分のところに狙いを定める場合、カップの中心からカップ1個分右に行ったところに狙いを定めます。

      カップの右端から1個分右にずれたところに狙いを定める方法もありますが、私の採用している方法のほうが、直感的で分かりやすいと思います。

      距離感は、ストロークの大きさであわせます。カップから30センチほどオーバーするつもりでやや強めに打ちます。カップに届かなければ、絶対にカップインはしないからです。