スポンサーサイト

2015.04.16 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    もっとフェアウェイキープしよう by トム・ワトソン

    2015.02.26 Thursday

    0


      左ドッグレッグのホールでドローを打つなど、ホールの形状に合わせてティショットを曲げるように言う人がいる。しかし私の経験上、そんなことが安定してできるアマチュアは殆どいない。それよりは、ホール形状がどうであろうと、毎ホール、自分の持ち球を打った方が良いのだ。フェアウェイのベストポジションにボールを置けないこともあるだろうが、フェアウェイキープやそれに近いところにボールを運ぶことはできるだろう。テーラーメイドSLDRアイアン9本セット

      持ち球を打つ際は、ティボックスが役に立つ。フェード系のボールを打つ時は、ティグラウンドの右側にティアップすると良い(写真)。そしてフックさせたいなら左サイドにティアップしよう。ボールがティマーカーの間にあれば、あなたの身体がその外に出ていても問題ないのだ。

      こうすることで、ボールを曲げられる許容が大きくなる。そしてこれは、フェアウェイキープするために、ホールの一方にあるラフを向かなくてはならない時に特に役に立つ。

      まずスタンスする際に砂の硬さを足の裏で確かめます。砂が硬いな〜と思ったらこの打ち方の出番です。RSi 2 アイアンセット